アドレス取得の理由

ホームページ作成にあたって独自ドメインによるアドレス取得を行うべき理由

広告を掲載したり、有料サービスを行うためにホームページ作成をするのであれば、独自ドメインのアドレス取得をしておいた方がいいと言われます。
なぜ、独自ドメインによるアドレス取得をするといいのかというと、サイトやページのアドレスが変わることがなくなるので、検索エンジンに評価されるからです。

検索エンジンは、様々な項目でウェブサイトの評価を行っており、評価が高いサイトは検索結果の上位に表示されるので、ライバルサイトとの差別化を図るためにも、独自ドメインを取るのは重要なのです。

では、ホームページ作成にあたって、どのような形で独自のアドレス取得を行えばいいのでしょうか。まず、いつ取得すればいいのかということですが、独自ドメインの取得は早い者勝ちであり、同じドメインを複数の人で使うということは出来ません。なので、ウェブサイトのテーマや、行うサービスが決まっているのであれば、その内容と関連のあるドメインをホームページ作成前に取得しておいた方がいいでしょう。

どこで取得すればいいのかということですが、ドメイン取得サービス、あるいはレンタルサーバーで契約することが可能です。レンタルサーバー会社でドメインを取得すると、ドメインとサーバーの関連づけが簡単なので、初心者でもすぐに取得したドメインが入ったアドレスを利用することが出来ます。

ただ、レンタルサーバーを通して取得した場合、サーバーだけを解約して、ドメインだけを利用することが可能なのかを確かめておく必要があります。ドメインを有料で取得した場合は、他のサーバーとも関連づけが出来ることが一般的ですが、レンタルサーバーと契約すると、独自ドメインを無料で取得出来るといった契約の場合、サーバーを解約してしまうと、同時にドメインも使えなくなってしまうことがあります。なぜそうなってしまうのかというと、ドメインの契約者がウェブサイトの管理者ではなく、サーバー会社という契約になっていることが多いからです。

最後に注意点として、ホームページ作成は業者に任せ、ドメインもその業者に取ってもらうという場合は、ドメインの更新手続き、及び、ドメインの管理者は誰なのかをホームページ作成前に確認しておきましょう。これを曖昧にしておくと、ドメインが失効してしまってウェブサイトにアクセス出来なくなったり、あるいはホームページ作成業者とのサイト保守管理契約が切れたとき、サイトの運営者がドメインを使えなくなってしまうことがあるからです。”